神奈川県 秦野市の矯正歯科医院 秦野 伊勢原 厚木 小田原 中井 松田 足柄の歯の矯正治療は、あかつき矯正歯科クリニックへ

あかつき矯正歯科クリニック

お電話でのご相談・ご予約は0463-82-8749

リンガル矯正(見えない裏側矯正)

矯正治療しているのを他人に気付かれたくない…

歯に対するアンケートでは、「歯の色(白さ)」と「歯ならびが気になる」と答える人が圧倒的に多いですが、矯正治療になかなか踏み出せない方が多くいらっしゃいます。
矯正治療を検討中の方にとって、気になることの一つとしてメ装置が目立つモということが挙げられます。

  • Case1

    uragawa_catch_case1

    職業柄、矯正治療していることを隠さなければならない。

  • Case1

    uragawa_catch_case2

    まわりの人の視線が気になる。恥ずかしい。

  • Case1

    uragawa_catch_case3

    卒業式、結婚式、成人式など、矯正の装置をつけている状態で写真に写りたくない。

リンガル矯正(見えない裏側矯正)とは、そんな悩みを解決するための矯正治療です。歯の裏側に矯正装置を装着するために、普通に生活をしている分にはまわりの人には装置が全く見えません

uragawa_catch_case4矯正治療中もひと目を気にせずに思い切り笑いたい方、営業職の方やアナウンサーの方など、お仕事で人前に立つことが多い方などから、幅広く指示を受けている治療法です。
※裏側矯正は、見えない矯正、リンガル矯正、舌側矯正などとも呼ばれています。

リンガル矯正(見えない裏側矯正)のメリットデメリット

uragawa_merit

  • 審美性がよい (基本的に装置が見えない)
  • 治療中の心理的ストレスを軽減できる (他人の目が気になる、恥ずかしい等)
  • 社会的制約のある患者さんが矯正治療の機会を得ることができる
  • 矯正治療中、側貌の変化を判断しやすい
  • ※アナウンサー、CA、営業職、受付、人前に出る仕事の方等 の装置が気になる方

uragawa_demerit

  • 表側の矯正に比べて、装置装着初期に口の中での違和感や舌感が気になる人がいる。
  • 表側の矯正に比べて、歯磨きを丁寧に行う必要がある。
  • 表側の矯正に比べて、費用が多めにかかる。

費用を抑えたい方のためのハーフリンガル矯正

リンガル矯正(見えない裏側矯正)のデメリットである費用について、1つの解決策がハーフリンガル矯正です。ハーフリンガル矯正は、上の歯列のみ歯の裏側に装置を付け、下の歯列は表側に装置を付けます。

image001リンガル矯正(見えない裏側矯正)のデメリットである費用について、1つの解決策がハーフリンガル矯正です。ハーフリンガル矯正は、上の歯列のみ歯の裏側に装置を付け、下の歯列は表側に装置を付けます。

リンガル(裏側)矯正に比べて、ハーフリンガル矯正は20%ほど費用を抑えることができます。
通常、笑ったときなどに見える歯を上の歯列がほとんどです。(右の写真)費用を抑えて、リンガル矯正(見えない裏側矯正)を行いたい多くの方が、この治療法を選択しています。

前歯の歯並びだけキレイにしたい!

当院では、前歯だけ”を部分的に矯正するプチ矯正治療もリンガル矯正(見えない裏側矯正)で受けることが可能です。全体的なリンガル矯正(見えない裏側矯正)ではブラケットと呼ばれる装置を歯列全体に10~13個装着します。上下合わせると20~26個になります。一方、裏側のプチ矯正では上の歯列に4~6個のブラケットを装着して、前歯の歯並びを治していきます。

裏側のプチ矯正は、装置の個数が少ないという特徴の他、治療期間が短い、治療費を抑えることができる等のメリットがあります。

uragawa_catch_hanarabi

リンガル矯正(見えない裏側矯正)のプラン一覧

スタンダード ハーフリンガル矯正 プチ矯正
装置の写真 スタンダード ハーフリンガル プチ矯正
特徴 見た目がどうしても気になる !という方のためのリンガル矯正(見えない裏側矯正) 本当は全部上下裏側でやりたいけど…、費用が気になる・・という方に。上半分だけ歯の裏側に装置を装着、下半分だけ表側に装置を装着するのハーフリンガル。 前歯の歯並びだけキレイにしたい !そして、歯の表側に装置がつくのが嫌だ。という方のための裏側プチ矯正。
見た目
治療期間

リンガル矯正(見えない裏側矯正)の症例紹介

治療前 12ヶ月後 18ヶ月後
正面から見た
歯列の変化
uragawa_catch_ex1 uragawa_catch_ex2 uragawa_catch_ex3
上の歯列の変化 uragawa_catch_ex4 uragawa_catch_ex5 uragawa_catch_ex6
下の歯列の変化 uragawa_catch_ex7 uragawa_catch_ex8 uragawa_catch_ex9

リンガル矯正(見えない裏側矯正)の・・ここが気になる!よくある質問

装置が裏側についていると、しゃべりにくそうだと思うのですが・・・

装置装着時は、舌触りなど少し違和感がありますが、ほとんどの方はすぐに慣れて気にならなくなりますので、ご安心下さい。 また、以下のような超薄型のリンガル(裏側)矯正に使用するブラケット(装置)が開発され、お口の中の違和感やしゃべりにくさは改善されています。

uragawa_catch_faq1

表側矯正よりリンガル矯正(見えない裏側矯正)の方が、仕上がりモがよくない(キレイにならない)と聞いたのですが・・・

裏側の矯正でも、表側と同様にキレイに治りますので、ご安心下さい。ただし、リンガル矯正(見えない裏側矯正)は表側矯正と歯を動かすメカニズムが異なりますので、歯科医師の手技と経験が重要になってきます。例えば、リンガル矯正(見えない裏側矯正)の場合、歯が内側倒れやすいという特徴がありますので、それを考えず治療をしてしまうと、深い咬み合わせになってしまうことなどがあります。

uragawa_catch_faq2

表側矯正よりリンガル矯正(見えない裏側矯正)の方が、治療期間が長いと聞くのですが・・・

症例数の多い経験豊富な歯科医師による正しいリンガル矯正(見えない裏側矯正)を行えば、治療期間は変わりません。表側矯正とは、歯にくっついているブラケット(装置)の距離が違います。そのために力学的なコントロールが難しくなりますが、しっかり理解した上で治療を行えば、治療期間が伸びてしまうなどのことはありません。

uragawa_catch_faq3

メールアイコン無料メール相談

どうしようか迷われている方、説明を詳しく聞きたい方は、無料の相談を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

Page Top