神奈川県 秦野市の矯正歯科医院 秦野 伊勢原 厚木 小田原 中井 松田 足柄の歯の矯正治療は、あかつき矯正歯科クリニックへ

あかつき矯正歯科クリニック

お電話でのご相談・ご予約は0463-82-8749

2019年05月の記事

こんにちは。あかつき矯正歯科クリニック歯科助手です。

5月下旬になり、暑い日が増えてきましたね!

室内にいても、熱中症になる危険があるので定期的な水分補給をするようお気をつけください!

 

今回は歯周病のお話をいたします。歯周病はどのような病気かご存知でしょうか?

歯周病とは細菌の感染によって起こる疾患です。歯を支える歯ぐきや骨が壊れていく病気なのです。

プラークの中の細菌によって炎症をひき起こし、やがて歯を支えている骨をとかしていき、ひどくなってしまうと抜歯をしなくてはいけない状態になります。

磨き残しのプラークなどは、硬くなり歯石となってしまい、ブラッシングでは取り除くことが出来ないので、歯科へ定期的に受診し、取り除いてもらうことが大切です。

歯石には細菌が住んでおり、歯周病を悪化される要因になってしまうのです。

また、喫煙や食生活なども歯周病を悪化させる要因があります。

例えば、甘いものをたくさん食べる習慣があると、プラークを増殖させやすい口腔内環境になってしまったり、タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあるので、歯肉が血行不良になってしまいます。

近年、歯周病による全身への健康の影響もわかってきています。

歯周病の予防や治療が健康な生活を送る上でも大切なことになってきます。

 

歯みがきをすると、出血をしたり、歯ぐきが赤く腫れている、歯が長くなっているような気がするなどの症状があると、歯周病の可能性がありますので、お早めに歯科への受診をしてみてください。

 

2019年05月23日

こんにちは、あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です!

あっという間に5月も中旬に入りました。

これから梅雨に向けて雨が多くなると思いますが、元気に過ごして行きましょう♩

今日は歯並びに関する素朴な疑問などについてお話します。

Q矯正歯科治療中の痛みはどの程度でしょうか?

A痛みには個人差がありますが、いずれも慣れると気にならなくなります。

矯正歯科治療中の痛みには、主に2種類あります。

ひとつは、矯正装置によって歯が動くときの痛みです。これは多くの場合、はじめて矯正装置をつけたときや、

毎月の通院でワイヤーを調整した後に感じるものですが、ほとんどは数日間で気にならなくなるのでご安心ください。

痛みの程度には個人差が大きく、締め付けられるように痛くて食事をとることも難しいという人もいれば、

ほとんど痛みを感じない人もいます。痛みが強い場合は硬い食べ物は控えて、スープやお豆腐、お粥、

栄養ドリンクなどを利用しましょう。

そしてもう一つの痛みが、矯正装置が頬や唇の内側とすれてできる口内炎の痛みです。

動的治療を始めて間もないころは口が装置に慣れてないため、痛みを強く感じがちです。

装置がすれて痛いときは、ワックスを粘膜に当たって装置の上に張り付け、粘膜をこれ以上傷付けないようにしてください。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

このワックスは万が一飲み込んでしまっても体に害はありませんが、食事、歯磨きの時は外しておきましょう。

このように矯正歯科治療には大なり小なりの痛みがつきものですが、歯が動く痛みの先に安定したきれいな

歯並びがあります。少しの間我慢をすることでたくさんの患者さんがより良い咬み合わせを手に入れていると

思えば頑張れる気がしますよね!

Q一時的にブラケットを外すことはできますか?

A短期間であれば外せます。

頻繁に取り外すことはおすすめできませんが、成人式や結婚式、あるいは病院での検査や治療などのために

1~2日ブラケットを外すことは可能です。ただし、そのためには矯正歯科に来院する必要があるため、

事前に予約を入れて、前日に外しておくほうがいいでしょう。用事が終わったら速やかにブラケットを

つけて治療を再開します。

何かわからないことや不安がありましたらご相談ください。

「おとなの矯正歯科BOOK」より

2019年05月14日

みなさんこんにちは!あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です!

GW楽しく過ごすことができましたか?

当院もお休みをいただき、ご迷惑をおかけいたしました。

装置が合わなかったり、痛いところがある場合はご連絡してくださいね。

さて、今回は噛む回数についてです。

食事の時に、噛む回数は気にしたことがありますか?

学校や講演会で噛む回数について聞いたことがありますか?

噛まずに飲み込むと、満腹感を感じないため、肥満になりやすいといわれます。

また、噛まないと唾液も出ないので、虫歯になりやすいです。

さらに、よく噛んでたべることで、胃酸がよく出て、食中毒をふせぐことができるともいわれています。

ではどれくらいかむといいのでしょうか?

それは一口30回です!!

一口30回噛みましょうと言っても、柔らかい食べ物はすぐに飲み込んでしまいます。

ハンバーガーを一口30回噛もうとすると大変です。

そこで、よく噛んで食べるためには、材料を細かく切らず、大きなままで用意するといいです。

カレーが好きだったら、ジャガイモは小さく切らない、みそ汁の具も大きいまま、トンカツも小さくきらないで食卓に出します。

30回噛みなさい、というよりも、無意識に噛む回数が増えるように工夫をしてみましょう!

他には、リンゴを丸ごと出したり、皮を剥かないのも工夫のひとつです。

リンゴは皮つきと皮なしでは、噛む回数が2倍も違うそうです!

人参ではみじん切りより千切りのほうが噛む回数が増えます!

しかし千切りよりスティック状で食べると、千切りより2倍噛む回数が増えるそうです。

キャベツは千切りよりも、串カツ屋さんにあるようなちぎったままの形のほうが噛む回数が増えます。

ごはんでは、白米100gでは噛む回数が353回だったのが、雑穀を加えたごはんでは526回(1.5倍)、さらに炊き込みご飯では660回(1.85倍)になったそうです!

ほかにも、一口食べたら箸を箸置きに置くようにすると、ゆっくり噛むことにつながります。

お口や体のためにも、よくかんで食べる習慣をつけられるように、日々の食事に工夫を加えてみましょう!

2019年05月07日
Page Top