神奈川県 秦野市の矯正歯科医院 秦野 伊勢原 厚木 小田原 中井 松田 足柄の歯の矯正治療は、あかつき矯正歯科クリニックへ

あかつき矯正歯科クリニック

お電話でのご相談・ご予約は0463-82-8749

2018年08月の記事

こんにちは。あかつき矯正歯科クリニック歯科助手です。

8月も後半になり、学生の方はもうすぐで夏休みが終わってしまいますね。

 

今回は、マルチブラケット装置が外れた後に使用するリテーナーについてお話します。

マルチブラケット装置は、歯や顎を動かすための装置ですが、リテーナーはこの装置をはずした後に、動いた位置で歯を安定させるための装置です。

リテーナーは取り外しのできるタイプ(可撤式)と、取り外しができないタイプ(固定式)があります。

取り外せるタイプのものは、リテーナーの装着を怠ると、歯は少しずつもとの状態に戻ろうとします。

これが後戻りです。歯の移動が終わったあとも、歯の周りの骨は不安定な状態です。そのため、リテーナーは重要となります。

徐々に歯の位置が安定してくるので、少しずつリテーナーを外す時間を増やしていきます。

リテーナーが必要な期間は、個人差がありますが矯正装置をつけていた期間と同じくらいと言われています。

せっかく綺麗になった歯並びを保つためにも、リテーナーを忘れず使用しましょう。

 

 

2018年08月24日

みなさんこんにちは

あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です。

暑い日がつづきますが元気にお過ごしでしょうか?

当院は明日8月11日から17日まで休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがご理解の程よろしくお願いします。

夏休みなので、矯正治療中の学生の方は留学に行かれる方がとても多いです。

夏休みの間は短期留学が多いですが、1年間留学される方もいらっしゃいます。

留学に行かれるかたから、その間矯正装置はどうするんですか??

とご質問がよくあります。

1か月程の短期留学の場合は、矯正装置はつけたまま出発してもらいます。

帰国後そのまま治療を継続します。

3か月から半年くらいの方は矯正装置はつけたまま、ワイヤーだけ外して、出発してもらいます。

その間は取り外しができる透明な装置を矯正装置がついたまま使ってもらいます。

1年くらいの場合は、矯正装置はすべて外して出発してもらいます。

その間も透明な装置をお渡しするので、そちらの装置をなるべくつかってもらいます。

帰国後、装置をすべてつけなおして治療をまた進めていきます。

装置をつけたまま出発すると、ワイヤーなどが当たっていたい場合もありますので、

その際はワックスを持って行ってもらえれば、安心かと思います。

取り外しのできる装置を持っていく場合、その装置が壊れてしまう場合もありますが、

その際は使わずにすごしてもらっても大丈夫です。

帰国後またしっかり通っていただければ、きちんとキレイな歯並びに治るので心配しないでくださいね。

ただ、歯磨きはしっかり行ってください!!

虫歯になってしまうと、留学先で歯医者さんに通うのは難しいと思いますし、痛みを我慢しては歯によくないです。

歯磨きのグッツは荷物にしっかり入れてくださいね。

矯正治療をしているから、留学するのを迷っている、という方もいらっしゃいましたが、

せっかくのチャンスなので、気兼ねなく留学していただければとおもいます。

いつでもご相談にのりますので、スタッフまでお尋ねください。

2018年08月10日

こんにちは!あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です♪

連日ニュースで猛暑や極暑の単語を耳にします。とても暑い日がつづいていますね!

学生の皆様は夏休みで学校はしばらくお休みですね!お出かけするときは水分を持ってしっかり摂って、

熱中症や事故に気をつけながら有意義な時間を過ごしてください♪♪

今日はデンタルフロスの必要性についてお話します!

普段、歯ブラシ以外でお口の中をきれいにしているものはありますか?

毎食後、あるいは朝と夜に歯ブラシで歯磨きをしていると思いますが、

頑張って時間をかけ丁寧に歯磨きをしても、どうしても歯と歯の間の汚れ(プラーク)は

なかなか歯ブラシで完全に落とすのは難しいのです。。。

歯ブラシのみで歯磨きするとプラークの除去効果は約58%なのです!

残りの約40%は歯にプラークが残ってしまうことになります。

せっかく毎日頑張って歯磨きをしても約40%もプラークが残っていると

虫歯や歯周病になってしまうのと、口臭の原因になってしまいます。。

せっかく毎日歯磨きしてもむし歯や歯周病になったり、口臭がしてきたら嫌ですよね。。

そこで!デンタルフロスを毎日のケアに取り入れてもらうと、

プラークの除去効果が約86%に上がります!!!!

日本ではデンタルフロスの使用率は約20%ですが、歯の予防先進国のアメリカやスウェーデンでは

約60%近くの方がすでにデンタルフロスを使用しています!!

できれば毎回の食後か歯磨きの後に使用していただくのをおススメしますが、

大変なようでしたらまずは夜寝る前に使用していただいて、少しずつ慣れていきましょう♪

デンタルフロスには持ち手がついているタイプのものや、長い糸を好みの長さを出して切り、

指に巻き付けるタイプのものがあります。

初めてデンタルフロスを使用する方や、お子様に使用される場合は、

持ち手がついているタイプを使用すると、使いやすいかもしれません♪

毎日使用して、健康なお口を一緒に目指していきましょう!

詳しい使用方法はスタッフにまでお声かけください♪

 

2018年08月05日
Page Top