神奈川県 秦野市の矯正歯科医院 秦野 伊勢原 厚木 小田原 中井 松田 足柄の歯の矯正治療は、あかつき矯正歯科クリニックへ

あかつき矯正歯科クリニック

お電話でのご相談・ご予約は0463-82-8749

2017年12月の記事

こんにちは!あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です♪

クリスマスも終わってしまい大晦日が近づいて来ますね!

今年は宮ケ瀬のクリスマスツリーを見に行きました!クリスマスツリーはとても大きくてきれいでした。行も帰りも渋滞もなくスムーズに行けたのでとてもよかったです♪

とても寒い日々が続いています。特に朝晩とお昼間の気温に差がありますので、1日外で過ごす時には暖かくしてお出かけください♪

インフルエンザも流行しているようなので手洗いうがいもしっかり行い、乾燥対策もしっかりしましょう!!

誠に勝手ながら12月29日(金)より来年1月3日(水)まで冬期休暇をいただきます。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

12月28日(木)は16時まで診療していますので、装置に何か不具合やお痛みがありましたらお早めにご連絡をいただければ応急処置を行いますので、宜しくお願いいたします。

 

冬休みの過ごし方についてお話します!

冬休みに入るとご飯やおやつ、ジュースなどついつい食べたり飲んだりする回数が増えたり、いつもと違う時間だったりすることが多くなってくると思います。

食事や間食の回数が多いと再石灰化(一度溶けた歯が唾液によって健康な歯になるとこ)する時間が短くなってしまい、唾液のパワーが発揮できません。その結果ミネラル成分が溶けだしてしまい(脱灰)むし歯になってしまいます。特に就寝時は唾液の分泌量が減りますので注意が必要です。

糖分が多い食べ物や飲み物摂取もたくさんは摂取しないようにしましょう!

むし歯菌(ミュータンス菌)は糖分を餌にして歯を溶かす酸を出します。甘い食べ物だけでなく、お米やパンといった炭水化物も糖分なのでむし歯菌の餌になりやすいです。

特に歯に固定式のマルチブラケット装置がついている方は、歯と歯の間やブラケットの周囲に炭水化物の食べ物がつまりやすいです。そのままにしますとむし歯になりやすいので、歯ブラシや歯間ブラシを上手に使ってきれいに磨きましょう!

むし歯にならないためには歯磨きも大切ですが、規則正しい生活を送ることも重要なポイントです!

歯は唾液の力によって再生をしますが頻繁に間食をしたり、糖分をたくさん摂取すると再生が追いつかずにむし歯になります。

食事や間食の時間を決めて、ダラダラ食べをしないように心がけましょう!甘いものを摂りすぎないことと寝る前の飲食を控えることも大切なので、これらに気を付けながら素敵な年末年始をお過ごしください♪

 

よかったらブラッシング方法なども紹介しているインスタグラムもみてくださいね https://instagram.com/akatsuki_kyousei/

 

2017年12月26日

こんにちは。あかつき矯正歯科クリニック歯科助手です。

今年も残りわずかとなりましたね。

私の住む地域では、インフルエンザにより学校での学級閉鎖が出てきたと聞きました。

寒さや乾燥もしており、体調を崩しやすい季節ですね。

防寒対策をしっかりと行い、うがい手洗いなど風邪予防も行い、残り少ない2017年を健康のまま過ごしたいと思います!

 

歯みがきをするときの磨くポイントをお話ししたいと思います。

・歯と歯の間

しっかりみがいたつもりでも、歯ブラシの毛先が歯の間に届かないため、虫歯になることが多い場所。

歯ブラシを直角に当てて、ブラシの毛先でプルプル小刻みにゆらすと、磨きやすくなります。

 

・歯と歯ぐきの境目

歯と歯ぐきの間には少し段差があります。この段差が原因で磨き残しになることがあり、歯の表面に歯ブラシを45度に当てて小刻みにブラッシングしてみましょう。

 

・歯の抜けた場所

歯が抜けて、すき間ができているところは歯ブラシをタテやナナメにして、毛先を歯にきちんと当てて磨くのがポイント。

歯ブラシの毛先が届いていることを鏡で確かめながら磨いてみてください。

 

・奥歯のミゾとその奥

小学生にとって、もっともむし歯になりやすい危険地帯は奥歯。

とくに乳歯の奥に生えてくる6歳臼歯は、完全に生えるまでに1年近くかかるので、それまでは手前の歯よりも低い位置にあることに。

そのため、ふつうにブラッシングしていると毛先が届きません。毎日のブラッシングでは、歯ブラシを口の真横からいれて、噛み合わせの面を中心に磨いてみましょう。

 

・歯ブラシはエンピツを持つように

軽くエンピツをにぎるように待つのが基本。これだと、余計な力がかからず、プルプルと小刻みに磨きやすい。反対に、手のひらで包みこむようににぎると、力が入りすぎることがあるので気を付けましょう。

よかったらブラッシング方法なども紹介しているインスタグラムもみてくださいね  https://instagram.com/akatsuki_kyousei

2017年12月21日

みなさんこんにちは!

あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です♪

インフルエンザがはやってきているようですね。。

うがい・手洗いをして予防しましょう!

また、きちんと歯を磨くことや、お口を閉じて鼻で呼吸することも、風邪や病気の予防になります!

ぜひ覚えていてくださいね♪

さて今日は、矯正治療を終えた方にインタビューをしたので、それをみなさんにお伝えしたいと思います!

 

Q:お疲れさまでした!まずは矯正装置が外れた感想をお願いします!

A: すごくすっきりしました!歯磨きがしやすいし、達成感でいっぱいです!

がんばってよかったなと思います!

 

Q:歯磨き大変でしたよね。。他に大変だったことはありますか??

A:上あごに橋わたしについた装置(トランスパラタルアーチ)を付けた時は発音しにくくて、慣れるまではしゃべりにくくて大変でした。

その装置の周りの歯磨きも大変でした。

 

Q慣れるまでが大変ですよね。。では歯につけたサファイヤブラケットはどうでしたか?周りの反応はいかがでしたか?

A矯正装置が全然目立たない!と言ってもらえたので、周りの目を全く気にせずにすごしていました!

お友達や家族には歯並びの変化に気付いてもらえることも、とてもうれしかったです!

 

Q:喜んでもらえてよかったです!ほかに矯正してよかったなと思ったことはありますか?

A:よかったなと思うことしかないくらいですが、元々歯並びがすごくガタガタで歯磨きがしづらかったので、歯磨きがしやすくなり、

周りの人にきれいな歯並びになったねと、歯並びをほめてもらえるので、自信をもって笑顔になれることになったので、本当に矯正してよかったなと思います!

 

Q:これからも素敵な笑顔でおすごしくださいね!では、いま矯正治療をがんばっている方へアドバイスがあればおねがいします。

A:矯正治療は長いな・・と思うこともあるかもしれませんが、終わってみるとあっというだったなと思えるので、一生に一度のわずかな矯正治療期間も

ぜひ楽しんでもらいたいです!

 

Q:ありがとうございます!最後に矯正治療を始めようか迷っている方へメッセージをお願いします

A:最初は矯正治療に抵抗あるかとおもいますが、矯正治療をして後悔することはきっとないと思うので、ぜひ前向きに矯正治療を考えてみてもらいたいです!

終わった時に矯正してよかったと思ってもらえるはずです!

 

いかがでしたか?矯正治療中の方や、矯正を始めるか迷っている方に少しでも参考になればと思い、今回インタビューさせてもらいました!

2017年は12月28日まで診療しておりますので、治療中の方はなにかあればご連絡・ご来院ください。

初診相談も随時受け付けておりますので、お電話でのご連絡お待ちしております。

 

よかったらブラッシング方法なども紹介しているインスタグラムもみてくださいね https://instagram.com/akatsuki_kyousei/

 

2017年12月15日

こんにちは!あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です♪

今年は例年に比べて少し早くインフルエンザが流行するみたいですね!みなさんインフルエンザの予防接種はもう受けられましたか?私はまだなので、早めに受けに行こうと思います!

これから寒さが厳しくなっていきますので身体に気を付けてご自愛ください。

 

今日はフッ素についてお話します。

フッ素とは歯にとって最強の味方です。歯を強くしてむし歯の発生を防ぎます。

フッ素とは私たちの身近自然にある元素のひとつで、お茶や魚介類などの多くの食品に含まれています。フッ素はむし歯予防に欠かせないだけでなく、歯や骨を作るために大切な役割を果たしています。

フッ素でできるむし歯予防は3つの効果があります。

・再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着化を促進します。

・歯質強化

歯を強くして、酸に溶けにくい歯にします。

・細菌の酸産生抑制

歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中のむし歯原因菌(ミュータンス菌)の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。

フッ素を使ったむし歯予防で、フッ素配合の歯磨き粉は最も身近で手軽にできるむし歯予防で、子供から成人まで高い予防効果が認められています。その予防効果は長期間の継続利用で さらに高まると考えられます。
充填物の周囲や歯周病などで露出した根面はむし歯の危険性が高くなるので、フッ素によるむし歯予防が大切となります。

効果的な使用方法としては、歯ブラシにフッ素配合の歯磨き粉を

3~5歳…5mm以下

6~14歳…1cm程度

15歳以上~成人…1~2cm程度

出して、歯磨き粉を歯面全体に広げ2~3分磨きます。その後、少量のお水で約5秒間ブクブクうがいをし吐き出します。

※うがいは1回にします。その後1~2時間程度は飲食を控えるとより効果が高まります。

家庭で使用できるのフッ素の濃度が日本では1500ppmと決まっており、当院では1450ppmの高濃度フッ素配合の歯磨き粉を販売しております!

ご興味のある方はぜひ使用してみてください♪

※高濃度フッ化物配合の歯磨き粉は15歳~成人の方におススメしています。

 

2017年12月06日
Page Top