神奈川県 秦野市の矯正歯科医院 秦野 伊勢原 厚木 小田原 中井 松田 足柄の歯の矯正治療は、あかつき矯正歯科クリニックへ

あかつき矯正歯科クリニック

お電話でのご相談・ご予約は0463-82-8749

2017年11月の記事

こんにちは。あかつき矯正歯科クリニック歯科助手です。

寒さもだいぶ厳しくなってきましたね。

体調崩さないよう、防寒やうがい手洗いをしっかり行ってください。

 

今回は、ステインについてお話します。

ステインとは、歯の着色汚れのことです。毎日歯みがきをしていても、長い年月の間に少しずつステインは歯に付着して蓄積し、黄ばんだりくすんだりしていきます。

ステインは、食物中に含まれるポリフェノール類と、歯の表面のエナメル質をおおっている、ペリクルというタンパク質が結びついたものです。一度ついてしまったステインは、水に溶けないため、水で口をすすぐ程度では簡単には落ちません。

また、食品に含まれるポリフェノール類以外でも、たばこの「ヤニ」等は、直接歯に染みついて頑固なステインとなります。

以下に挙げる飲食物を多く摂取している場合、歯に茶渋、着色がつきやすいので注意しなくてはなりません。

 

・紅茶、緑茶、ウーロン茶など

紅茶、緑茶、ウーロン茶はコップや急須に茶渋がつきます。タンニンが含まれたこれらを飲み続けると歯にも茶渋が付着しやすくなります。

 

・コーヒー

コーヒー独特の香りや苦みの元となるのが「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種です。これは動脈硬化であったり糖尿病の予防になるというメリットがある一方、色素沈着しやすいというデメリットも合わせ持ちます。そのためコーヒー毎日飲む人は茶渋がつきやすい傾向があります。

 

・赤ワイン

赤ワインはポリフェノールが含まれその成分がアンチエイジングや健康に良いと言われています。しかし、歯にとっては、着色の元となるタンニンが入っているためあまりおすすめできません。

 

・チョコレート

チョコレートに含有されるカカオマスポリフェノールも汚れを付着させます。ポリフェノール自体は、抗酸化作用があってアイチエイジングなど美容目的には良いですが、食べすぎは歯の黄ばみを助長することになります。

 

・カレー

カレーも着色しやすい食べ物の中に挙げられます。カレーに含まれているウコン(ターメリック)は天然の着色料として知られています。カレーが黄色っぽいのはウコンが入っているからです。

 

このほかにも着色料をつかっているお菓子屋ジュースや色素の濃い調味料なども茶渋の原因となります。

 

 

2017年11月29日

みなさんこんにちは あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です。

最近はぐっと寒くなり、朝はお布団から出るのがつらいですね。。

かぜをひかないように元気にすごしましょう!

さて今日は、矯正治療中の応急処置についてです。

ブラケットをつけて治療をすすめていらっしゃるかたは、

来院時に調整をしたりワイヤーを変えると、

ワイヤーが飛び出てきたり、ブラケットが外れてしまったり、フックが頬や舌に当たって痛みがあったりすることがあります。

これは調整をして1週間くらいのうちに歯が動き、装置の位置が変わったり、ワイヤーが余ってきたりするので、どうしても当たって痛くなってしまうことがあります。

痛みがある場合はもちろん急患として来院していただければ、すぐに痛くないように応急処置をさせていただきますので、

なにかあればすぐにご連絡をしてください。

急患で来院しなくとも、少し痛いという場合や、忙しくて急患で行けないなどという方には、ワックスをお渡ししておりますので、

そちらを使っていただくようにお願いしています。

ワックスは2種類あり、硬いワックスと軟らかいワックスをお渡ししています。

両方使ってみてもらって、使いやすいほうをお選びください。

使いたかたは、まず、ワックスを米粒くらいの大きさにご自身でちぎってください。

当たって痛い装置やワイヤー部分の水分を、ティッシュで拭うか、息を何回か吸って、乾燥させてください。

乾燥していたほうが、ワックスのつきがいいです。

乾燥した状態でちぎったワックスを当たって痛いところに覆うようにして貼り付けてください。

食事のときは歯ブラシでこすってはずしてください。

もしワックスを飲み込んでしまっても害はないので心配しないでください。

食事が終わったら、歯磨きをしてからまた新しくワックスをちぎって、貼って使ってください。

ワックスが外れやすかったり使いにくいという方には、ギシグーというカバーするものも700円で販売していますので、そちらを購入していただければと思います。

ギシグーのほうが外れにくいですが、外す時は少し外しにくいです。

矯正治療中はワイヤーが出てきたり、装置が当たって不具合が生じることがありますが、すこしでも快適にすごしていただけるように対応しますので、

なにかあればいつでもご相談ください。

2017年11月22日

こんにちは!あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です♪

11月に入りだんだんと寒くなり空気も乾燥して来ましたね。風邪や花粉症もそうですが、そろそろインフルエンザも流行る時期ですね!

注射はあまり得意ではありませんが、今の時期くらいからインフルエンザの予防接種を打っておきたいところですね…。

数年前に新聞でも取りあがったようですが、1日2回以上ブラッシングをきちんとすることと、当院で販売しているコンクールFの洗口液がインフルエンザ予防に効果的みたいなので、試してみてください!

 

今日は、当院で販売している商品の人気ベスト3をご紹介します!!

 

☆第1位☆

タフト24(歯ブラシ)

・歯ブラシの毛先が歯と歯肉にやさしいです

他社製の歯科専用の歯ブラシとの違いは、先端にあります。歯や歯肉を傷つけず、且つしっかり汚れを落とせるように一本一本の毛先がなめらかにカットされています。

・プラークをしっかり掻き出します

歯の汚れをきちんと落とすには歯ブラシの毛先がしなって元に戻る力(=コシ)が必要です。その力は水分と含むことでだんだんと弱くなりますが、タフト24は水はけのよい特別な素材を使っているので、一般の歯ブラシより強いコシをキープできます。

・刷掃効果を高める毛の密度があります

一般的な3列ブラシと比べてたくさんの毛を植毛しているので歯をしっかりとらえて包み込み、しなやかに動くので汚れを効果的に落とせます。

・カラーバリエーションも豊富なので好きな色を選ぶのも楽しいです

 

☆第2位☆

タフト17、タフト20(歯ブラシ)

タフト17は子どもがはじめてつかう歯ブラシにいいです。子どもの小さな手でも使いやすいように握りやすく、乳歯の微妙な隙間にも毛先がスッと入り込むように工夫されています。

タフト20は混合歯列期(乳歯と永久歯がどちらも生えている)の複雑な歯列もすみずみまで磨けます。コンパクトなヘッドをしているのでスムーズに磨くことができます。

 

 

 

 

☆第3位☆

リテーナーシャイン

リテーナーや拡大床装置を毎日使用していると、唾液や臭い、着色が気になってくると思いますが、リテーナーシャインを定期的に使用し装置を洗浄するときれいに清潔に保つことができます。

・金属にも優しい
入歯洗浄剤の中には、装置の金属部、鑞着部を溶かしてしまうものもありますが、リテーナーシャイン顆粒は、金属に優しい性質を持っています。

・早い洗浄力
リテーナーシャイン顆粒は、その名の通り顆粒になっていますので、水に溶けるのが早く、洗浄効果も早く発揮します。

 

 

この他にも高濃度のフッ素入り歯磨き粉やフッ素ジェル、フロスなどたくさんの商品を揃えていますのでご興味のある方はスタッフまでお願いします^^♪

2017年11月21日

こんにちは。あかつき矯正歯科クリニック歯科助手です。

11月に入り、当院はクリスマスの飾りつけを行っております♪

各地でもイルミネーションの点灯が始まり、街中もキラキラと綺麗ですね!

 

8020運動とは、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。ぜひ「8020」を目指してください。

 

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。生活習慣病と言われるこの病気は、初期を含めると成人の80%以上がかかっています(厚生労働省平成17年歯科疾患実態調査)。日頃の仕事の忙しさに任せて、暴飲暴食や不規則な生活など、日常の生活習慣の乱れが歯周病につながりますので、毎日のチェックが重要です。

個々の自覚が大事で、予防はやる気から始まります。歯磨きなど毎日の手入れと併せて、口の中の衛生指導などを行っている歯科医院に定期的に通う習慣をみにつけてみてはいかがでしょうか。

そして、「食べた後や寝る前に磨く」といった基本的なことも忘れてはいけませんが、例えば、歯磨きなどの正しい方法や、歯磨きなどと併用すると良いオーラルリンスなど、かかりつけの歯科医師に相談してみてください。

 

 

 

日本歯科医師会HPより

2017年11月09日
Page Top