神奈川県 秦野市の矯正歯科医院 秦野 伊勢原 厚木 小田原 中井 松田 足柄の歯の矯正治療は、あかつき矯正歯科クリニックへ

あかつき矯正歯科クリニック

お電話でのご相談・ご予約は0463-82-8749

2019年10月の記事

こんにちは。あかつき矯正歯科クリニックの歯科助手です。

朝晩とだいぶ冷え込んできましたね。体調管理にお気をつけください!

 

みなさま、舌で歯を押すクセはありませんか?舌で歯を押しつけてしまうクセを「舌癖(ぜつへき)」と言います。

この舌の癖(舌癖)は歯並びと非常に関係が深いです。

舌の先は上の前歯にふれないくらいの位置で上あごに接しているのが自然なのですが、舌癖があると普段から舌の位置が低かったり、話すときに上下の前歯の間に舌がはさまっていたりします。歯は弱い力でも継続的にかかると動いてしまうので、舌癖が歯並びを乱す一因ともなるのです。

矯正歯科では、舌癖のある人に対してMFT(口腔筋機能療法)というトレーニングを治療と並行して行うこともあります。MFTは舌やくちびるおよび顔の筋肉などの口腔周囲筋のバランスを整え、正しく機能させるためのプログラムです。

歯科矯正治療においてMFTを取り入れることにより、より良い形で歯列を長期安定性を得ることができるとされています。

 

キレイな歯並びになりたいBOOKより

 

2019年10月23日

こんにちは、あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です^^

10月になりました!運動会などの行事がある方は怪我や事故に気を付けて楽しんでください!

今日は『口呼吸』についてお話します。

普段、お食事や会話の時以外は、口唇は閉じて、上下の歯は2~3mm離れて、鼻で呼吸するのが正常です。

鼻の通りが悪くお口で呼吸したり、鼻が通っていても普段からお口で呼吸する癖があると、歯並びやお口の中(口腔内)、体に悪い影響が出てきます。

鼻呼吸と口呼吸にはどんな違いがあるのでしょうか。

鼻呼吸の場合、空気中の異物や病原菌は、たとえ吸い込んだとしても鼻粘膜の表面に生えている線毛や粘液、それに口の奥にある扁桃リンパ組織でとらえられる仕組みになっています。

また、鼻から吸い込んだ空気は鼻の中を通ることで湿った状態で肺へと送られます。

一方、口呼吸では乾燥した空気をいきなり吸い込むことになります。ウイルスが体内に侵入したり、のどや器官を傷めたりする恐れもあります。空気を吸い込んだ時に口の中の水分まで奪い取られてしまうのです。

口の中が乾燥すると唾液による殺菌・消毒作用が発揮されず、細菌が繁殖しやすくなります。そうなると虫歯菌や歯周病菌、口臭といった口の中の問題が起こりやすくなるだけでなく、風邪を引きやすかったり体にも症状が出てきます。

口呼吸は歯並びやかみ合わせにも影響があります。

そもそも正しいかみ合わせは舌の力(内側からの圧力)と、口周辺の筋肉が歯を締め付ける力(外側からの圧力)とのバランスが取れていることで保たれています。

このバランスが、口呼吸によって崩れます。

口呼吸の人は基本的に口が開いています。そのため口の周りの筋肉の締まりが悪くなり、前歯に外がからの圧力がかかりません。

前歯には内側からのの圧力(舌の力)ばかりが一方的にかかるため、前歯が前方に押し出されたり、上下の前歯の間にすき間が空いてしまいます。

口のまわりの筋肉が弱くなることが、歯並びにも影響してしまいます。

子どもに鼻呼吸をさせるために、まず口呼吸をしてしまう原因として、鼻が詰まっていることが考えられます。子どもが口呼吸いている場合、耳鼻科で鼻の通りをよくしてもらいましょう。

また、口周りの筋肉を鍛えたり、舌の正しい位置を覚えましょう。当院では必要な方にトレーニングを行ってます。

24時間絶え間なくする呼吸だからこそ、歯並びだけでなく、体に与える影響は大きいです。鼻呼吸の習慣を身に付けさせましょう。

2019年10月11日

みなさんこんにちは!あかつき矯正歯科クリニックの歯科衛生士です。

10月になり、だんだんと涼しくなってきましたね。

秋は食欲の秋なので、おいしいものをいっぱい食べて過ごしたいと思います!

さて今回は唾液検査についてです。

夏頃から、新しい唾液検査を導入しました。

初診相談の次に行う検査の時に、唾液検査もすることになりました。

当院ではライオンのSMTという唾液検査で検査を行っています。

検査方法は、患者様に少量の水でお口をすすいでいただくのみです。

唾液検査には20分くらいかかるものや、結果が出るのに数日かかるものもあるので、こちらはとても簡単です。

採取した唾液を使って、歯と歯茎の健康や、お口の清潔度などを測定することができます。

検査を行うことでわかることは、

1、虫歯菌の数

お口の中には虫歯のきっかけをつくるミュータンス菌と、むし歯の進行にかかわるラクトバチラス菌がいます。

食べ物の中の糖(炭水化物を含む)を取り込んで、酸を産生し、歯を溶かしてしまいます。

その虫歯菌の数が多いと虫歯になりやすいです。

2、お口の中の酸性度(ph)

飲食物を摂取する回数が多いと、お口の中は酸性になります。酸性になると歯が溶け始め(脱灰)、酸性の状態が続くと(酸性度が高い)むし歯になりやすいです。

3、緩衝能

唾液中には、酸性に傾いたお口の中を、虫歯になりにくい状態(中性)にする機能(緩衝能)という機能があります。緩衝能の数値が低いと虫歯になりやすいです。

4、白血球の量

歯周ポケット付近の汚れが増えると、唾液中の白血球の量が増えます。白血球の数値が高いと、歯周病が進行していることになります。

5、たんぱく質の量

汚れや歯石が多いとたんぱく質の量が増えます。

6、アンモニア

口腔内の細菌数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になるといわれています。

この検査でまず自分のお口の中の状態を知り、ケアしていくことでむし歯や歯周病も防ぐことにつながります。

ご質問がある方はスタッフまでお気軽にどうぞ♩

2019年10月04日
Page Top